« 今日の猫さん6 | トップページ | 大女優の基準が甘すぎる!『猫キャプション』!その3 »

2013/04/11

レッチリの「Monarchy of Roses」のイントロの元ネタってこれですよね

関係ないけど、すごいデザインのジャケットだな。

Monarchycd
レッド・ホット・チリ・ペッパーズRed Hot Chilli Peppers
『Monarchy of Roses』(2011)

ぐいぐい来るドラムとガキガキいうギターが印象的な曲。はじめて聴いたときは、ギタリストが替わっただけで随分違うもんだなと思いましたが、やっぱりというか下敷きにした曲があったんですね。それが

5222

ギャング・オブ・フォーGang Of Four 『At Home He's A Tourist』(1979)

そっくりです。マネというより、明らかに意識的に似せてる感じ。隠す気が微塵もないのが逆にカッコイイかも。こういうのはオマージュって奴になるんでしょうかね。

 

ちなみにギャング・オブ・フォーでギターをガキガキ鳴らしてるアンディ・ギルという人は、レッチリのデビューアルバムのプロデューサー。

 

単純に、ファンなんでしょうね。

ついで言うと、この曲の入ったアルバムは名盤として有名です。ローリングストーン誌の歴代ベスト500にも選ばれております。ガキガキうるさいけど、マジでいい。

 

ここからは余談です。

 

レッチリのPVの監督はマーク・クラスフェルドMarc Klasfeldという人。Fun.の『We Are Young』とか撮ってる人ですね。で、ビデオの最後に出てくる「インスパイア元」レイモンド・ペティボンRaymond Pettibonとは誰なのか?

 

1957年生まれのアメリカの現代アーティスト。実兄がパンクバンド「ブラック・フラッグ」のギターということもあって、ミュージシャンのアートワークでも知られる人のようです。蛭子能収みたいな絵ですけど、かなりの大物なんですね。フー・ファイターズのアルバムの人だということは、私も今回はじめて知りました。

Pettibondevilwhite400_largeFoo_fighters__one_by_oneRap71181000x651 Raymondpettibon_2

最後にドヤ顔。

« 今日の猫さん6 | トップページ | 大女優の基準が甘すぎる!『猫キャプション』!その3 »

そっくり音楽」カテゴリの記事