« ラフィンノーズはラモーンズより文字数が多い | トップページ | 岡村ちゃんこと岡村靖幸がまだ雨上がり決死隊の宮迫博之だった頃の話 »

2012/07/14

稲中の田原俊彦に一番似ているのは誰だ選手権!

1993年から「週刊ヤングマガジン」で連載が始まった
古谷実「行け!稲中卓球部」に登場した有名な不細工キャラ「田原俊彦」

A16440de

妙な生々しさで歴史的な名前にすらなった感もあるけど、
意外に芸能人の中にそっくりということで名の上がる人たちがいます。

まず意外なところでモデルの剛力彩芽

20120210_1113428

彼女の顔を見ても、全く田原俊彦のことを思い出すことはないんだけど、絵の方を見るとなぜか思い出してしまうのが、この剛力さん。

ようは、「釣り目といえば」という代名詞的な扱いになってるのが彼女の不幸でしょうね。

一方、はっきりと似てると言えるのは、フットボールアワーの岩尾 望

20120125_sekaibanduke_23

まあ、似てるのは確かなんだけど、タレントの方が明らかに不細工(笑)なので、田原のあの絶妙なさじ加減をとらえ切れてない気がする。

田原俊彦って単なる不細工ってわけじゃないからね。

その辺、このブログで推したいのが俳優の桐谷 健太です。

91color04 Kiri2

もちろんまったく似てませんよ。

でも、似てる筈がないのに、なぜか彼の顔を見てると、幻聴のように田原俊彦のことを思い出してしまうんですね、困ったことに。

それは他の二人にはないことです。

というのも、彼の顔にはどこかしらファニーな要素があるんですね。パーツがまん中に集まってる感じとか。そこが桐谷君ならではの魅力となっているんですけど、それを別の言葉で表現するならば、まさに「田原俊彦的」な、何かアレなものなのです。

まあ要するに、ハンサムなのにちょっとだけブスな臭いが混じってる、って言いたいわけです、ぶっちゃけ(笑)。

その要素が多すぎるとただの不細工なんだけど、ほんのちょっぴり有毒成分が混じってることで、よりハンサムな魅力が引き立つということでしょうか。

香水の中にウンコの臭いを混ぜると、香りが引き立つという、例のアレです。

ほんとに?(笑)

 

« ラフィンノーズはラモーンズより文字数が多い | トップページ | 岡村ちゃんこと岡村靖幸がまだ雨上がり決死隊の宮迫博之だった頃の話 »

そっくり芸能人」カテゴリの記事