« これからは BUMP OF CHIKENの「天体観測」のイントロを聞くたび「トゥリルリー」と思わず口ずさんでしまうという呪い(笑) | トップページ | 古代ギリシャでオッパッピー »

2012/07/05

フリートウッド・マックのライブを勧めるついでに、バービーボーイズとの関係を妄想してみた

Fleetwood_mac__mirage

グラミーの最優秀をとったアルバム『噂』(1977年)が名盤としても名高いフリートウッド・マックFleetwood Macが、82年に行ったライブツアー【Mirage Tour '82】の映像です。

当時はドラマーのミック・フリートウッドや女性ボーカリストのスティービー・ニックスが薬物中毒になってたり、男性ボーカリストのリンジー・バッキンガムとスティービーの仲たがいなどが重なり、バンドとしてはボロボロだったようですが、ライブの出来は、こらもうビックリするほど良い!

選曲や曲目の出来だけでいえばもっといいライブはあるんですけど、目線のやり取りや演奏に緊張感が満ちみちていて、実にスリリング。まさにライブです。

仲の良さが生み出すケミストリーっていうのは普通ですが、仲が悪くても不思議な化学反応が生まれるようですね。

あと、音楽にはまったく興味のない人でも、このドラマーの完全にイッちゃてる顔には度肝を抜かれる筈(笑)。

Art195 Art239_3

ホラー映画ではありません(笑)。これだけでも、このビデオを見る価値がある。

フリートウッド・マックFleetwood Mac 『Mirage Tour Live 1982』

ラストの「ソングバード」の至福感ったらないね。

01. The Chain
02. Gypsy
03. Love In Store
04. Not That Funny
05. You Make Loving Fun
06. I'm So Afraid
07. Blue Letter
08. Rhiannon
09. Tusk
10. Eyes Of The World
11. Go Your Own Way
12. Sisters of the Moon
13. Song bird

おまけといっては何だが、なぜか落ちてる一番ヒットした代表曲「Dreams」(1977年)


名曲「Go Your Own Way」(1977年)で元恋人のリンジー・バッキンガムが「勝手にしろ!」と言うのを受けて、「あんたは夢をみてるだけよ」と返したもの。


「Go Your Own Way」は大名曲ですが、要するに元恋人のバンドメンバーに対する腹いせです。だから、コーラスのスティービーの表情が実に微妙な感じ(笑)。

日本じゃあまりFleetwood Macって話題にならないけど、たぶんこのバンドに影響を受けたと思われるのが80年代に活躍した日本のバンド バービーボーイズ BARBEE BOYS

ボーカルのKONTAと杏子の掛け合いが有名ですが、この二人の絵面がほんとにフリートウッド・マックそのものなのですな。

リンジーとスティービーという元恋人同士の緊張感あふれるコーラスの掛け合いが、バービーのいがみ合いのような歌い方に引き継がれたというのは、考えすぎでしょうか。

少なくとも、杏子さんのスタイルはどう考えてもスティービー・ニックスに影響を受けてるでしょう。

Stevienicks Top_photo_2

ショールをはおってタンバリンを叩く人って、他にはあんま見ないですしね。歌い方は全然違うけど、立ち居振る舞いがそっくりです。

ちがうかな。

 

 

« これからは BUMP OF CHIKENの「天体観測」のイントロを聞くたび「トゥリルリー」と思わず口ずさんでしまうという呪い(笑) | トップページ | 古代ギリシャでオッパッピー »

カッコよすぎてマジ死ぬライブ」カテゴリの記事